ウォーターサーバーを利用したいと考えているけれど、どのウォーターサーバーの業者を選べばいいのか分からない。
そんなふうに思っている人も少なくないでしょう。
では、ウォーターサーバーを選ぶポイントと、人気ランキングで評価の高いメーカーについて紹介します。

まずウォーターサーバーを選ぶポイントは、いろいろあります。
コスト面や、注文サイクル、水の種類、安全性、水ボトルは回収なのか、それとも使い捨てなのかで手間も大きく異なります。そして1番重要なポイントは、自分のライフスタイルに合うのか?選ぶ上で自分が何を最優先にしたいのかを明確にしておきましょう。

使用用途を明確にする事によって、選ぶポイントが変わってくる場合もあります。
例えば、ウォーターサーバーは赤ちゃんに安全な水を飲ませたいからという理由であれば、衛生面や安全性に拘った水を選びましょう。そして水の種類は天然水よりもRO水の方が赤ちゃんに適した水だといえるでしょう。
加えてレンタルするウォーターサーバーには、必ずチャイルドロックの機能が搭載されているものを選び必要があります。

使用目的が美味しいご飯を炊きたい、料理にも使用したいという場合は作る料理が和食中心なら軟水を選びます。
洋食中心の場合は硬水を選ぶ事になります。そして料理に使用する場合は、飲料水のみの場合と比べると、1ヶ月あたりの消費量は多くなります。そのため注文サイクルが7日おき、14日おきという具合に、自分で選べるところがいいでしょう。

女性の一人暮らしという場合は、選ぶウォーターサーバーはコンパクトサイズで、水ボトルのサイズも小さいものを選びましょう。そうしなければ開封後の水は品質が徐々に落ちてしまいます。そのため小さいサイズを飲み切って、次を開封する事ができるメーカーを選びましょう。
また水交換で水ボトルを持ち上げるのは腕力が必要なので、一人暮らしの女性の場合はウォーターサーバーの水の設置場所は下にあるタイプを選びましょう。つまり例にあげたように、人それぞれライフスタイルによって、いいと思うウォーターサーバーは違ってくるというわけです。
ですが、やっぱり多くの人から支持されているウォーさーサーバーは、支持されるだけの理由がちゃんとあるのでしょう。
次はウォーターサーバーを選ぶ際の参考までに、人気のメーカーを紹介していきます。

1位は「フレシャス」です。富士山の標高1000mの天然水を採水しているため、ミネラルのバランスがよく非常に水が美味しいと人気があります。そして高品質に拘っているため、衛生的で安全に飲む事ができます。
またウォーターサーバーの中では珍しいぐらい、サーバーのデザインに拘っています。
グッドデザイン賞を受賞するぐらい、スタイリッシュなデザインで、まるでオシャレなインテリアを置いているようです。
もちろんデザイン性だけでなく、機能性にも優れていて、人気ランキングではほぼ1位を独占状態です。

2位の「うのるん」は、2016年にモンドセレクションで金賞を受賞しています。
業界トップクラスの品質管理体制を誇ります。
多くの人に支持される理由は、月に2回の放射能検査と、最高ランクのクリーンルーム、そして人の目による全品検査に
よって安全を守っています。
天然水は名水で名高い富士山の麓の地下水を原水としています。
バナジウムやミネラルが豊富に含まれ、健康や美容に効果があると評判です。
しかもこれだけ天然水の品質や安全性に拘っていて、水の料金自体は、12リットルで1385円〜1900円とリーズナブルな価格設定です。これならペットボトルで水を購入するよりも安くて水を購入して運ぶ手間がなくなるため楽ちんになると言えるでしょう。

3位の「プレミアムウォーター」の天然水は味わい深く甘みがある美味しいお水です。
回収不要の使い切りボトルで、しかも外部空気が入りにくい構造なので、衛生的です。
またサーバーは、エコモードにより自動的に電力を調整してくれるので、ムダな電気を抑え節電する事が可能です。
また注文はお客様専用アプリを使用し、急に用事で配送日を変更して欲しい、お水が足りなくなりそうだから、配送予定日よりも前に水を配達して欲しい。そんな要望にも答えてくれるので顧客満足度が高いと言えるでしょう。
水の種類は2つの採水地から選べ、富士山麓から組み上げた100%天然水と日本の名水に選ばれた熊本県の南阿蘇村の100%天然水です。

各メーカーによってそれぞれ特長が異なるので、人気ランキング上位のメーカーもサイトをチェックしたり、口コミの意見も参考にしてみましょう。実際に使用してみないと分からないという人は、無料お試しが可能なメーカーも存在するので、一度無料お試しを試してみてはどうでしょうか?無料お試し期間は1週間で、1週間で使用する分のお水を無料でもらう事ができます。1週間使用してみて問題がなければそのまま申込みという形になります。